スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズ

昨年中に描き上げたい一枚でしたが、やっと仕上がりました今は亡き スティーブ・ジョブズ氏 です。

ウエブ スティーブ・ジョブズ 



同氏に関しては私どもがお話するまでもありませんが、訃報を知り世界中のジョブズファンが哀しみに暮れました。

鉛筆 ステーブ・ジョブズ 1



>ジョブズのトレードマークである黒のタートルネックは、三宅一生デザインのもの。ジョブスが1980年代に盛田昭夫に案内されてソニーの工場見学をしたことがきっかけになっている。三宅デザインのソニーの制服に感心したジョブズは、三宅にユニフォームを発注して、アップル社の制服にすることを提案したが、これは受け入れられなかった。しかしこれを機にジョブズは三宅デザインの黒のタートルネックとリーバイスのジーンズ、ニューバランスのスニーカーを自分のユニフォームと位置づけ、毎日それだけを着続けるようになったという<



>業界でジョブズにまつわる人物は数多いが、中でもマイクロソフトのビル・ゲイツは同じ1955年生まれということもあって、独特のライバル関係にある。世間では確執が語られることも多いが、自他ともに認める友人でもあり、ビジネスのみならずプライベートでも関係が深かったことが知られている。互いにビジネスの才覚については高く評価している





ビル・ゲイツ, The Gates Notes, 2011年10月5日

“スティーブのように深い影響力を与えられる人間は、めったにいない。その影響はこれからの多くの世代にも受け継がれるだろう。”



また、ジョブズ氏はスピーチの名手とも言われますが興味のある方はこちらを:スティーブ・ジョブズの感動スピーチ



B5サイズ イラストボード        鉛筆      2012.01月




ルイ・アームストロング

ご存知サッチモ(Satchmo)という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である ルイ・アームストロング を拙いながら私なりに鉛筆で描いてみました。

今にもあのしわがれた独特の歌声が聞こえてきそうです。





写真を元に描くのですがサッチモと同じように私もズッと目を見開いたまま描くこととなりました プッ^m^

特徴はあの大きな見開いた目ですが全体にベビーフェイス風になってしまい、目尻とフェイスラインを何度も繰り返し描きなおしました。





音楽の楽しさを身をもって世界中に広めたサッチモですが映画も素晴らしかった。

因みにルイ・アームストロングが出演した映画は:

Jazz Seen/カメラが聴いたジャズ(2001)
ミニー・ザ・ムーチャー(1981)
パリの旅愁(1961)
真夏の夜のジャズ(1959)
5つの銅貨(1959)
悪いやつ(1959)
上流社会(1956)
グレン・ミラー物語(1954)
ヒットパレード(1948)
黄金の雨(1936)



歌の方でもスキャットという手法を広めたことで知られ、マイルス・デイヴィスは「アームストロングは喋りまでジャズになっている」と語っていますね。






サッチモのこの独特の表情は楽しそうでもあり哀しそうでもあり・・・。




B5サイズ イラストボード        鉛筆      2011.11月



坂本 龍一

暑い夏が過ぎ、季節の移ろいは早いもので秋も暮れようかという頃になって参りました。

忙しい合間に集中する時間を見つけやっと大胆にも教授こと 坂本 龍一  を鉛筆で描いてみました。

見るからに一分の隙もない教授



最初知ったのはやはりYMO時代でした。今でも世界的に活動している日本人ミュージシャンの代表とも言えますね。

また、>映画『戦場のメリークリスマス』の音楽を担当したことをきっかけに映画音楽の作曲も手掛けるようになり、1987年公開の『ラストエンペラー』[2]では日本人初のアカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞し、以降、国内外の映画音楽を手掛け、映画音楽家としての地位を築いた。<



描いてる間も髪の毛1本にまで神経が行き渡ってるように感じましたが、特徴のある美しい瞳が何と言っても難しかった。結果、少々怖い目付きになってしまいました ゴメンナサイ^^;


そして、長年、環境問題に真剣に取り組んできて脱原発を訴えていました。父親は河出書房の編集者で坂本一亀氏だということはつとに有名ですね。

他にも脱原発について書けば長文になりそうなので割愛・・・。





B5サイズ イラストボード        鉛筆      2011.9月

CDジャケット

前回の ツインギター  のCDジャケットに続いてのCDジャケット用に鉛筆画を依頼されて、だんな様と数年前、一緒にライブした折、私のカメラに収めていた画像を元に描いてみました。

自主制作のCDこれで4枚目になるそうです。

上大岡でストリートライブしているヒサカとオガタ です。

今日も頑張ってます! 



左:オガタ 右:ヒサカです。






4年前の画像を元に二人を描いてみました




いつも夕方からストリートライブしてるので夕日をバックにしてサンプルとしてみました。





そんな二人は【ヨコハマフッド!!2011】 テープ審査約70組の応募の中からセミファイナルへ進める枠の20組に見事通過したようです。


そして、次のセミファイナルは11月の5・6に神奈川アートホール(ライブ審査)で行われるそうですが、ますます実力もアップし人気上昇中です。乞うご期待!


そんなヒサカ君ですが昨日は誕生日だそうで私からおめでとう♪

ヒサカ 26歳 無花果のシフォンケーキ


26歳のお祝いに・・・・いちじくのシフォンケーキです。







B5サイズ イラストボード        鉛筆      2011.8月








ショーン・コネリー

あの映画007シリーズのジェームズ・ボンド役のショーン・コネリーです。

あれから時は経ち・・・現在80歳ということです。

ショーン・コネリー

全体のムードがやや違う・・アセ^^;


ウエブ ショーン・コネリー


そして、ボンドと言えば、"Shaken、 not stirred"のセリフが最も有名でしょう。「ステアしないシェイクしたウオツカ・マティーニ」を愛飲する彼はロンドン市内の高級マンションに子供の
頃から付き添ってきたメイドと住んでいます。

それにしてもジェームズ・ボンドにはカツラが似合いすぎます。

ジェームズ・ボンド役



詳しくはこちら:ショーン・コネリー




B5サイズ イラストボード        鉛筆      2011.4月



プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。