スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

握りー煮蛤

煮蛤・・・通称煮ハマ(ニハマ)と言い、煮ハマと煮貝(アワビ)は、江戸前の粋であると言いたいネタでもあり寿司好きの憧れでもあります。


小肌、穴子、車子と同様に、江戸前寿司の代表的なネタ。
本来、江戸前寿司とは、しっかり仕事をしてあるネタを使ってあることが条件の一つであります。

まず、蛤の殻を外していき、菜箸を蛤の水管に刺していきます。

水管の中に汚れが溜まっているからです。そのままよく水洗いし、沸騰したお湯で1分位茹でます。
それを冷水に取り、ザルにあげ、一つひとつ開いていきます。
そして、蛤の汁に水、酒、味醂、砂糖でタレを作り、その中に観音開きに開いた蛤を浸け込みます。
一晩置いて、蛤をあげて出来上がり。

握って、煮つめをつけて食べると、これが、なんとも美味しいのです!







噛み締めて戴くと、蛤の得もいえないお味が口いっぱいに広がります。う~ん、口福とはこのことです♪






ハガキサイズ       顔彩      2014.1月




コメントの投稿

非公開コメント

無いの中でも特に蛤が好きで みると絶対買います。
おつゆか 鍋にします。
今度は お寿司でいただきたいです!

お返事

そう、貝のなかでも美味しい出汁も出るし飛び切りおいしい蛤です。
今回江戸前仕事のツメを塗って溜息の出るような煮蛤に仕上げました。

なかなか画に描くとなると難しかったけど・・・タベタイ
プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。