スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数の子

好きな寿司ネタシリーズですが今日はお節には欠かせない数の子です。

数の子には子孫繁栄の意味が込められています。





しかし、この数の子なかなか表現が難しく玉子焼きに見えたり・・・そこで大き目の数の子を握ってもらい玉子に比べて硬めなので数の子を直線的に描いてみました。


そして、ウィキペディアによると:
>冷凍・冷蔵技術や輸送の発達していなかった時代、身欠きニシンは山間地では重要な食材であった。京都名物に、にしん料理があるのもこのような理由による。北海道からニシンを空輸し南座横の名物として知られるにしんそばは明治時代に誕生したものである。

食通で知られる北大路魯山人は著書「魯山人味道」(平野雅章 編)で、「煮たもの焼いたものはさほどでも無いが、乾物を水でもどしたものを上手く料理すると美味しくなる」と言っている。<




ハガキサイズ       顔彩      2013.12月





コメントの投稿

非公開コメント

子供のころは

好きでたまらず いかもの食いと言われていたのに 最近は
年のせいか あまりおいしく感じません。最上のものが毎年とどきますが
家人も歯のせいか あまりたべません。お寿司にするといいですね!

お返事

☆小紋さんコメントありがとうございます。

小紋さんは子供の頃お好きだったとは!私は今でもお憶えていますが印象は苦かった!
いつだったかこの数の子超品薄になって高値が続きもう口に入らないだろうと危惧していた頃もあったかと・・・?

今ではすっかりお正月のおつまみにお酒相手にいくらでも プッ^m^
プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。