スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

握り しゃこ

寿司ダネとしてのシャコの最上級のものとされているのが、「小柴のシャコ」。
横浜市金沢区、八景島に隣接した柴漁港で水揚げされたシャコのこと。

東京湾で獲れるる、いわゆる「江戸前」のシャコの多くは小柴で水揚げされたものだ。あと千葉県の富津(竹岡)でも獲っている。東京湾内のシャコはほぼこの2ヶ所で水揚げされると考えてよい。

シャコの旬は夏場。

5月~6月にかけて卵を抱き、「子持ち」になりますが、子持ちしゃこは実に旨い!

シャコを寿司職人は「ガレージ」なんて呼びますが、これは「車庫」からの駄ジャレ。

「タコ」と聞き間違えないという意味もあります。「蝦蛄」でシャコと読みます。
「しゃこえび」なんて言われますし、別名でガザエビ、カマキリエビなんてのもありますけど、エビとは別種です。







そして、シャコのツメ肉は大変美味しく、通好みの逸品です。





ハガキサイズ     顔彩     2012.11月





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。