スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食用ほおずき

以前の 記事 にもいたしましたが、このところ食用ほおずきが注目を浴びてるということです。

するとどうでしょうブログ仲間の comichikoさん  がタイミング良く食用ほおずきの皮を利用して手作りろうそくを作ってご紹介されていたので、さすがとっても素敵なアイデアに心から拍手を送りました♪

儚げに揺れるろうそくの焔にピッタリで秋の夜に相応しいのではないでしょうか?



絵に描いても食用ほおずきのことご存知ないかたが多いのでは?と、だんな様がいつものように口出ししたのですが、これで心強い味方もできドヤ顔の私です プッ^m^










食用ほおずきとは:

◆ナス科ホオズキ属 (英)Cape Gooseberry (仏)Alkekenge, Physalis
ホオズキはナス科ホオズキ属の多年草で、日本では観賞用としての方が良く知られています。浅草のほおずき市など有名ですね。

ヨーロッパなどでは食用として栽培されてきました。中の丸い実を食べるのですが、何とも言えない独特で濃厚な甘酸っぱさがあり、それは英語名にあるようにまさにベリー類にも似た味わいです。とてもナスの仲間とは思えないです。

香りは優しくほんのりと甘酸っぱい香りがします。

アメリカでも、デザート向けの果実として扱われています。

日本でもここ数年、珍しいフルーツとして徐々に知られるようになり栽培を本格的に始めた地方も増えてきているようです。

今後ますます人気が高まる事請け合いのフルーツですね。



他にも調べてみると沖縄でも栽培されているようですが“ストロベリートマト”という名前でした。









       ハガキサイズ     水彩     2012.9月







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。