スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曼珠沙華(マンジュシャゲ)

彼岸花と聞くとどうしても浅川 マキの【港の彼岸花】を思い出してしまいます。



白い花なら百合の花
黄色い花なら菊の花
悲しい恋なら何の花
真赤な港の彼岸花


・・・・。




弥生時代に、稲作と共に中国から日本に渡ってきた。


彼岸花の球根は、猛毒のアルカロイドを含むが、飢饉のときは、水で曝して毒を抜き、

澱粉を食したそうです。







今年はあまり見かけなかったようですが他のブロガーさんもそのように書かれているので人知れず咲いたのでしょうか。



ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata[1])とは:

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。





     ハガキサイズ     水彩     2012.9月








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。