スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイ・アームストロング

ご存知サッチモ(Satchmo)という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である ルイ・アームストロング を拙いながら私なりに鉛筆で描いてみました。

今にもあのしわがれた独特の歌声が聞こえてきそうです。





写真を元に描くのですがサッチモと同じように私もズッと目を見開いたまま描くこととなりました プッ^m^

特徴はあの大きな見開いた目ですが全体にベビーフェイス風になってしまい、目尻とフェイスラインを何度も繰り返し描きなおしました。





音楽の楽しさを身をもって世界中に広めたサッチモですが映画も素晴らしかった。

因みにルイ・アームストロングが出演した映画は:

Jazz Seen/カメラが聴いたジャズ(2001)
ミニー・ザ・ムーチャー(1981)
パリの旅愁(1961)
真夏の夜のジャズ(1959)
5つの銅貨(1959)
悪いやつ(1959)
上流社会(1956)
グレン・ミラー物語(1954)
ヒットパレード(1948)
黄金の雨(1936)



歌の方でもスキャットという手法を広めたことで知られ、マイルス・デイヴィスは「アームストロングは喋りまでジャズになっている」と語っていますね。






サッチモのこの独特の表情は楽しそうでもあり哀しそうでもあり・・・。




B5サイズ イラストボード        鉛筆      2011.11月



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事

☆鍵コメさんコメントありがとうございます。

はい!私も持ってますよ♪
特に【ビビディ・バビディ・ブー 】が特にお気に入りです。

細かい部分ばかり気にしながら描いてると全体が見えなくなってしまいました アセ^^;

お初ー!

Boumamaさんとブログでお付き合いして
すでに四年もの月日が流れているようですが、
なかなかこちらへ訪ねることは少なく失礼しております。

このサッチモの可愛いおめめに一言ご挨拶を
したくなりましたのよっ、笑、

今年も残すところわずかになりました、
なにはともあれ、よいお正月をお迎えくださいませ!


お返事

☆ヘルブラウさんコメントありがとうございます。

最近yuchiさんどうしてらっしゃるのでしょうかと心配していたところです。
7月投稿されてその後まったく音沙汰なしです。

映画のなかでも 真夏の夜のジャズ(1959)
5つの銅貨(1959)
上流社会(1956)
グレン・ミラー物語(1954)

は、特に優れものだと思っていますが勿論リアルタイムに観たのじゃありませんよ プッ^m^

映画はこれらを観てると人生そのものまで何と素晴らしいものでしょうと感心してしまいます。
プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。