スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフレッド・ヒッチコック

久々の鉛筆画です。
今夏の猛暑で鉛筆を手にする気さえならずやっと偉大な映画監督 アルフレッド・ヒッチコック を描いてみました。

有名な横顔の画像ですが見るからに怪しい目つき プッ^m^

アルフレッド・ヒッチコック


年相応?の頬のラインを何度も描き直しました。
そしてヒッチコックは自分の映画にさり気なく出演することでも有名ですよね。
あの【鳥 THE BIRDS】で映画が始まってまもなくペットショップから2匹の子犬を従えて出てくる姿ですが、この子犬はヒッチコックの愛犬だそうです。





詳しいことは割愛しますが「サイコ」はヒッチコック61歳、1960年の作品。
前作が「北北西に進路を取れ」(1959年)、次作が「鳥」(1963年)という、この時期のヒッチコックはまさに黄金期でした。



B5サイズ イラストボード        鉛筆      2010.秋


コメントの投稿

非公開コメント

No title

どう見ても外人さんに見えません・・・・。笑

お返事

☆ひげさんコメントありがとうございます。

やっと描くことが出来ました♪
ヒッチコックの横顔や全身のシルエットがテレビなどで映りだされた頃を思い出してみるとかなり貫禄のある体型だったようですね。

そしてこのような二重顎でして怪しい目つきで睨む様は国籍などどうでもいい?

こんなオジサマ何処にでもいそう プッ^m^

TV特集ですね

boumamaさん こんばんは。
このヒッチコックの視線は、なんともいえないです。

先週からTVで特集をやっていますね。
これまで、見たことのなかった映画が多いので 毎晩楽しみです。
「鳥」 は明日。このシーンを見逃さないようにします!

お返事

☆ベルルさんコメントありがとうございます。

ヒッチコックといえども今や遠い存在のように思えますが、この監督の影響を受けて次々と映画の名作が誕生いたしました。

そうですかテレビでも特集してるなんて知りませんでしたが嬉しい事ですね♪

あのスティーヴン・スピルバーグ監督による1975年「ジョーズ」もヒッチコック監督の影響をかなり受けての映画作りだったようですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

急なことでただただ唖然として言葉がみつかりませんが・・そんな折わざわざコメントいただき恐縮してるところです。

気を落さず・・と、言っても無理でしょうが・・・。またお元気になられてゆっくり再開してくださいませ  m(_ _)m

今でもあの備前焼の金魚鉢は秀逸だと感心していますが沢山の秀作を遺されましたね。

合掌。

No title

★こんにちは。
★ヒッチコック、私も殆どの作品を見ている筈です。
このデッサン、イメージ通りのヒッチコックさんですね。
★「鳥」の撮影で、多くの鳥を実際に犠牲にしたとかで
動物愛護協会から告訴されたような記事を当時目にし
たことを覚えています。
でも、その話題性もヒッチコックさんの計算どおりでは
なかったかと思うのです。

お返事

☆玉さんコメントありがとうございます。

最近TVでヒッチコックの映画の特集があったようですが全く知りませんでした。
ヒッチコックと言えば今でも名作と言われる映画が沢山ありますが、“鳥”の大群が迫ってくるシーンは本当に怖かったことを覚えています。

この大群の鳥はいろんな種類の鳥だったようですが、中には剥製のものもあったとか・・・。

私はCGを駆使した映画より心理的にドキドキするほうが怖さを感じます。
プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。