スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア カラス

鉛筆 マリア カラス

20世紀のオペラ界に君臨した偉大なソプラノ歌手マリア・カラス。
 『雌虎』『女豹』『女神』と呼ばれた彼女の称号は、その気性の激しさ故に、決して好感の持てるものばかりではない。
 特に海運王オナシスとの恋は『歌姫は金に目が眩んだ…』と揶揄され、多くのマスコミを賑わすことになりました。

デビュー当時は大柄な彼女が、驚異のダイエットにより、舞台の花となる逸話は有名な話ですね。
 類稀なる美声に容姿端麗を手に入れたことで、一躍世界のトップ歌手に成長いたしました。

マリア カラスといえば憂いを帯びたような大きな瞳と特徴のある鼻や大きな美しい形の唇が印象深く残っています。

帽子のマリアカラス


アハッ!美しい人を描くのはとても気持ちの良いものですね♪




B5サイズケント紙         鉛筆      2009.冬



詳しくはこちら:マリア カラス

コメントの投稿

非公開コメント

さむいですねー

あちゃーっ!
苦手なクラシックだ......

名前だけは知っています
そのくらいの知識です
ガハハハ.....
指がきれいだなぁー^^

オナシスといえば
ジャクリーン婦人!
何となくジャクリーン婦人と
マリア・カラスさんは似てませんか?

★こんばんは。
★懐かしいスターが次々と登場、今回、マリア・カラスが登場とは思いませんでした。
★いかにも気性の激しそうな彼女、歌声もいいけど、その気性も魅力的ですね。
でも、こういうタイプの女性、ひ弱な私にはとても手に負えませんが…。

☆薄雪草さんコメントありがとうございます。

私にとってマリア カラスはクラシックというより激しい生き方をした女性としての印象が強いですね。
ファンにとっては美しい声というより表現力に魅力があるのでしょうね。
きっと生き方そのものと表現とが重なり合って心を捉まえるのだと思います。

そう言われてみるとみるとジャクリーン夫人と黒い瞳が似てますね。



☆玉さんコメントありがとうございます。

単純な私はご覧のように鉛筆画に見事ハマってしまい頭の中も「モノトーン」になってます。
景色も身近なものを見る目もすべて黒と白に分けて見ています^^;

マリア カラスは「聖なる怪物」とまで呼ばれるくらいで手強い女性なので中々手に負えないでしょうね・・・プッ^m^
プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。