スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒヨドリ

ヒヨドリ


私たちもよく見かける「ヒヨドリ」です。

ややふっくら気味の赤ちゃんヒヨドリ。
スズメ目ヒヨドリ科で 全国の林や市街地の公園などに普通に見られますね。北のものは秋、大きな群れになって南に移動し、元々は山の鳥だが急激に都会に進出し、いまでは都会の鳥といっていいほどになったそう。昆虫、木の実、椿の蜜などなんでも食べる。



クレスター水彩紙    SM(227×158mm)    水彩      2008.秋


詳しくはこちら

コメントの投稿

非公開コメント

★こんばんは。
★いきいきとした野鳥の表情がお見事ですね。特に羽の表現のお上手なのには感服です。
★私の県は山国ですので、野鳥のメッカです。県の東部はさまざまな渡り鳥の行路としても有名です。
★子どもの頃は捕獲の名人が地元にいて、スズメをはじめ、いろんな鳥を焼き鳥にして食べた思い出もあります。たしか、ヒヨドリも胃袋に頂戴したような記憶があります。ゴメンナサイ!

☆玉さんコメントありがとうございます。

鳥の絵を描く時やはり羽の表現に苦労いたします。

フレンチでは野鳥料理でジビエ料理というのが流行っていますが、ある年クリスマスに夫婦で大阪の某有名ホテルのジビエ料理をチョイスしたのですが、ほぼ小骨だらけで食べる部分もなくチョイスしたことを後悔したことを思い出しました。

話は変わり、マタギ料理なども食べてみたくなります。(また、食べる話になってしまいました)
プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。