スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルのバレエ 7

ますます描く気まんまんのカエルちゃんです♪



●ポーズ:アティチュード

基本的なアティチュードのポーズには、無数の変型があります。
アティチュードとは、片足で立ち、もう一方の足をうしろへもちあげ、膝のところからまげたポーズです。ここに見えるのは、アティチュード・エファッセ・デリエールです。
少しだけまげた左足をうしろの方へあげ、ポアントかドミ・ポアントで立ちます。

以上原文のまま・・・。
以下略・・・。






参考にいたしました絵本です:『絵本 カエルのバレエ入門』
ドナルド・エリオット/文 クリントン・アロウッド/絵


モデルはイラストを担当したクリントン・アロウッドが実際飼っている【アフリカガエルのガラテア君】です プッ^m^


こうして見ると、原画より特に足が太く短くなってしまいました m(-_-)m スマヌ




ハガキサイズ     ペン+水彩





スポンサーサイト

カエルのバレエ

この大好きなシリーズを中断していたのがいつも気になっていた。

そう、あのキュートな カエルのバレエシリーズ なの プッ^m^


遡ってみるとあれから5年以上も経つのですね ハヤッ@@!




●ポーズ:パ・バロネ

パ・バロネはいろいろな方向に向かってできます。一連の動きとして何度もくりかえされることもあります。たいそう優美な、こまかいパで、はねるような、とびあがるような動きに、さっとのばした脚をぴくぴくと動かす動きを組み合わせたものです。

以下略・・・。







参考にいたしました絵本です:『絵本 カエルのバレエ入門』
ドナルド・エリオット/文 クリントン・アロウッド/絵


モデルはイラストを担当したクリントン・アロウッドが実際飼っている【アフリカガエルのガラテア君】です プッ^m^



またまたこのシリーズのカエルも宜しくね ('-'*)ヨロシク♪





ハガキサイズ     ペン+水彩

防寒セット

今日は大寒の日です。

今年は成人の日にドカ雪が降りましたね。

翌日、何年か振りに履いた大雪用ブーツです プッ^m^






左のだんな様のは未使用なの。


帽子好きなので沢山ありますがその中の一枚をパステルで描きました。







いろんなタイプがあるね イヤーウォーマー





今年はいつものユニクロでヒートテックのネックウウォーマーを買いましたがもう少しフィット感があれば申し分ないのだが・・・・



パステル      18cm×14cm     2012.11月





握り しゃこ

寿司ダネとしてのシャコの最上級のものとされているのが、「小柴のシャコ」。
横浜市金沢区、八景島に隣接した柴漁港で水揚げされたシャコのこと。

東京湾で獲れるる、いわゆる「江戸前」のシャコの多くは小柴で水揚げされたものだ。あと千葉県の富津(竹岡)でも獲っている。東京湾内のシャコはほぼこの2ヶ所で水揚げされると考えてよい。

シャコの旬は夏場。

5月~6月にかけて卵を抱き、「子持ち」になりますが、子持ちしゃこは実に旨い!

シャコを寿司職人は「ガレージ」なんて呼びますが、これは「車庫」からの駄ジャレ。

「タコ」と聞き間違えないという意味もあります。「蝦蛄」でシャコと読みます。
「しゃこえび」なんて言われますし、別名でガザエビ、カマキリエビなんてのもありますけど、エビとは別種です。







そして、シャコのツメ肉は大変美味しく、通好みの逸品です。





ハガキサイズ     顔彩     2012.11月





握り 大とろ

昨日のニュースですが度肝を抜かれてしまいました!!!

>東京・築地市場(中央区)で5日朝、新年恒例の初競りが行われ、青森県大間産のクロマグロ(222キロ)に1億5540万円という史上最高値が付いた。昨年の5649万円を大幅に上回り、卸売場ではどよめきや歓声が広がった。<


大間産のマグロ




大間マグロは高級なお寿司屋さんには、欠かせないネタの1つですね。

大間マグロ自体がそれほどの水揚量がないので、中々お目にかかれない一品です。

大間マグロの握りは、そのとろけるような食感から、日本一の寿司ネタと呼ぶ人もいます。

因みにに大間マグロの握りの値段は、モノにもよりますが最低でも、1貫あたり普通の鮪の数倍(2~3倍)はすると考えてよいでしょう。

食するのに覚悟と財布の余裕が必要な寿司ネタが、大間マグロなのです@@!



ま、夢のような話しですが初夢だと思い憬れの寿司ネタを描いてしまいました プッ^m^




お手塩につけた瞬間に脂がパーッと広がった・・・ような夢をみた。





ハガキサイズ     顔彩     2012.10月





里芋

新年は好きなものだけを選んでお節擬きとして味わいましたが、画像でアップしてないものの中に里芋があります。

昨年は 普通の品種の山形の土垂(どだれ)を口にすることが出来、里芋の美味しさに改めて感動いたしました。


そう、気に入ったら納得するまで何度も繰り返し作りますの プッ^m^


他に山形の伝統野菜悪戸いも(里芋)の美味しさをテレビで紹介していましたが高価ながらも即完売だったようでやはりテレビなどのメディアで紹介すると効果大ですね。


前置きが長くなりましたがそんな里芋をパステルで描いてみました。







しみじみこんな滋味な里芋の美味しさが分かるような年齢になったということ、これも嬉しいこと。




パステル      18cm×14cm     2012.11月




プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。