スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリック・クラプトン

畏れ多くも エリック・クラプトン  をいつもの鉛筆で描いてみました。


エリック・クラプトンの長い活動を総括した究極のベストアルバム!

1999 ベストオブ クラプトン

同じように短くカットしたヘアスタイルなのできっと今から5~6年前くらいかな?

鉛筆画 エリック・クラプトン

今さらエリック・クラプトンに関して私ごときが言うまでもありませんが、私が初めて聴いたのは遠ーい昔、クリーム 時代の【ホワイトルーム】ですが、この時のショックは今でも覚えているほど強烈でした!

1968年のヒット曲「クリームの素晴らしき世界」からシングル・カットされたものでヒット中に、ロンドンにて解散・・・わずか2年間のグループでした。

>メンバーは、ベーシスト兼ボーカリストのジャック・ブルースとギタリスト兼ボーカリストのエリック・クラプトン、ドラマーのジンジャー・ベイカーから構成され、しばしばスーパーグループの一つに数えられる。<

Cream - White Room: youtubu

ホワイト ルーム

あれから何十年経ったのでしょう!実際にエリック・クラプトンを目にしたのは
以前の記事にも書いたように10年前くらいでしょうか、日本武道館でしたがホンの米粒ぐらいにしか見えなかったものの感激いたしました♪


エリック・クラプトンほど、ブルースを敬愛し、普及に務めた白人ギタリストは他にいませんが、ブルースを愛してやまない彼が、その精神をロックと融合させた音楽は多くのファンの心を掴んで離しませんが親日家でもあるようで?(笑)今回が最後の公演だと言いつつ何度も来日してますよね プッ^m^



B5サイズ イラストボード        鉛筆      2011.2月





スポンサーサイト

ウディ・アレン

やっと鉛筆画の完成ですが、長い間鉛筆も持たなかったので“描く”と、いう感覚さえ思い出せませんでしたが、若い頃の ウディ・アレン を描いてみました。

若いウッデイアレン 1


特徴のある容貌は頭髪・体躯・鼻・眼鏡と、・・・そしてそれだけに留まらないのですが鉛筆画のほうがやや控えめな人物風になりました(笑)

1935年生まれですので、今や75歳ということですが自分の年齢と重ねてみると・・幾つもの時代を超えてこんなところまで来てしまった!と、いう感慨です。

そんなウディ・アレンは今はこんな風。知的で穏やかな老人といった風です。




そして、若い頃観ていない映画【アニーホール】をDVDを借りて観ました。この映画は1977年に公開されたウディ・アレンの傑作恋愛コメディ

77年度アカデミー賞主要4部門受賞!
映画史に刻まれるウディ・アレンの代表作ですね!

街のどこかで出会う悲劇と喜劇
皮肉な人生を笑いで包むウディ・アレンの真骨頂


元々、この映画はウディ・アレンとダイアン・キートンが実生活でも恋人だったので二人のリアルストーリーなのでしょうね。


ウディ・アレンもダイアン・キートンも、皆、若くて輝いていたあの頃・・・。


B5サイズ イラストボード        鉛筆      2011.1月


プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。