スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴犬

柴犬の子犬



ブルドッグの次はこんな柴犬の子犬を描いてみました。

赤ちゃんの時分は毛も細くてフンワリしていますね。私は柴犬が好きなのでこの絵を見ていてもたまらなくなります。
ワンちゃんの特徴である毛をカッターナイフで削って表現した部分が少し気になりますが・・・。

日本古来の犬で主人と認めた人間に忠実であり、かつ警戒心と攻撃性が強めという傾向がありますが、海外でも人気があるとか・・・あー、もう一度飼ってこの胸に抱きしめたい!



クレスター水彩紙     SM(222×158)    水彩     2008.夏


詳しくはこちら
スポンサーサイト

ブルドッグ

ブルドッグ



どうもこんなご面相が好きなようだ。

ブルドッグの子犬ですが、存在感いっぱいでこの特徴ある顔立ちと体中を皺に覆われていて描いていても可笑しくなってくるほどです。

京都の友達がブルドッグを飼っていて、夏になるとウチのボロ車(友達の家のは高級車なので プッ ^m^)に乗せて川でよく水浴びさせたものです。
そして帰りはご褒美に銀閣寺近くのアイスクリームを買ってやったな~アハッ♪



ブルドッグ:>英国で18世紀ごろ、雄牛(ブル)と犬を戦わせる見世物が流行し、牛に対抗できる犬として開発されたのがこのブルドッグであった。

頭部が大きく、牛にかみ付けるようあごが大きく角ばっている。顔にはしわも散見できる。

1835年にこの決闘が禁止されると、ブルドッグは番犬や愛玩犬となった。闘争に必要だった獰猛な性格も取り去られ、現在では強面とは裏腹に、非常に温厚且つおとなしい。

鼻が短いため、体温調節が苦手であり、涼しい場所で飼わなければならない。そのため夏季は冷房をした部屋から出さない飼い主も多い。<


そういえば、ウィンストン・チャーチル首相にも似てるとか・・・この人もファンだもん。



クレスター水彩紙    SM(222×158)   水彩      2008.夏

朝顔

朝顔




今日も朝からジリジリ照り付けています。

今年はどういうわけかウチの庭が向日葵やこの朝顔のお蔭で賑やかです。
どこからか種が飛んできて庭一面に咲いてる朝顔をやっと仕上げることが出来ました。

日本の夏の風物詩のようにもなっているアサガオ。


>アサガオには大きく分けて、日本アサガオと西洋アサガオの2つに分類されます。日本アサガオは巨大輪(直径20cm以上)や、変化に富んだ変化アサガオなどがあります。一方西洋アサガオは遅咲きで、花の大きさこそ、さほど大きくありませんが、生育旺盛で、よくツルものびる為、生け垣などに利用されます
 アサガオというと朝早くから咲くようなイメージがありますが、最近では昼くらいまで咲く品種もあります。日本で古くから育てられている従来の品種は朝5時頃には満開になり6時を過ぎるとしぼんでしまうような短命なものが多いようです。




クレスター水彩紙     SM(222×158)     水彩     2008.夏 


プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。