スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からすうり

カラスウリ 退色



今日は随分冷え込み冬枯れたような天気です。
今年も“からすうり”を描こうと思いながら時の経つのは早いものでアッという間にどこへやら。

私がどうしても見たことの無い“からすうり”を水彩画にしたいと常々話していたところ、親しい人がご自分の家にあった(退色したからすうり)をバイクでヒョイと持ってきてくれました。

それが一昨年の夏のことで小躍りして早速絵にしてみました。

絵にしたもののやはり瑞々しいものとは違うのでアップせずにいました^^;

しかし、後日談(1年後)に聞いたところその人が私のところにこの“からすうり”を持ってきてくれた帰りにバイク事故に遭ったという話を聞いて胸が詰まってしまいました。
それも大事故だったようで、九死に一生で不幸中の幸いにも入院治療だけで済んだそうですが・・・。

そして私に心配をかけないように配慮されてたようで聞いた時も既に元気に回復されてからでした・・・。・・・沈黙。
 このように他人からの思いやりをつくづく感謝しながら退色したままの絵ですがそんな思いを込めて本日アップいたします。


それと、最近パン作りやゴルフの練習のし過ぎなのか(プラス五十肩?)で、少々体調が思わしくないので健康が一番だと改めて思い知らされています。

皆さんも風邪が流行ってますがくれぐれもご自愛くださいませ。



A4イラストボード      水彩       2005.夏
スポンサーサイト

腕時計

腕時計


この絵を描きながらこの腕時計は何年前(イヤ、何十年前になる?)買ったのかしら?と、遠い目で思い出している。

だんな様は釣りもし、ゴルフもするので、ビジネスマンの持つような時計は合わないのでこんな時計を選び、プレゼントしたものです。
この頃はウチではギターも弾いてましたが今のように熱心さはありませんでした。

とても丈夫で長年使ってるのでベルトの部分だけ交換いたしましたが、購入時は同じ黄色のベルトでした。しかし、最近では皆さんと一緒だと思いますがすっかり携帯に頼りきり。

ハガキサイズですが、ベルト部分の凹凸の表現や細かい部分に注意しながら描いたつもりですが・・・。


ハガキサイズ      ペン+水彩       2007.夏

石榴(ざくろ)

石榴



水彩画を描くようになってこの「石榴」も描きたいモチーフでした。
しかし、残念ながら私の周辺で見かけることも少なくなり、売られてるのは大体アメリカ産のものばかり・・・。

半ば諦めかけてたところ、いつもお邪魔してるブログ仲間の 水戸小紋さんの「さく楽日記」http://mitokomon.blog27.fc2.com/
で今秋見事な石榴がアップされてましたのでお願いして画像をお借りしての水彩画となりました。

中のルビーのようにキラキラした石榴の実を水彩で表現するのは難しく、色鉛筆も使ってみました。
見事にパックリ口を開けた石榴は今が旬ですよ!と、呼びかけてるようでもありますね。

時間に追われる毎日の中で白い画用紙に向かってる時間はとても好き☆モチーフに向かい合っていながら自分との対峙の時間でもあります。

考えてみると今回の水彩で「水彩画」も200枚アップしたことになります。
プロの方は何千枚も描くと聞きますから枚数だけでも私などまだまだ・・・と、言うことになります。

そして水戸小紋さんは未だに自然いっぱいの中で伸びやかに暮らしてるようで羨ましくもあります。快諾していただき有難うございました m(__)m


クレスター水彩紙    SM(227×158)    水彩+色鉛筆   2007.秋

カエルのバレエ 5

カエルのバレエ 女



このイラストは前回のシリーズの中年のおばちゃん風?のがまだ一枚残っていましたのでおまけに。

ダンスでこのポーズはバーやセンターで行うのですがクラシック・バレエでは足先に向けるテクニックはありませんのでくれぐれもご注意を。
ちょっとふざけ気味のとき?にとるポーズですね。 ^m^



ハガキサイズ      ペン+水彩    2007.夏

カエルのバレエ 4

カエルのバレエ 14



ダンスの中のポーズで【パ・ド・シャ】と、言って直訳すれば「ネコのジャンプ」となります。
しなやかに、軽やかに空中に跳び上がり、跳躍の頂点で両足をちょっと合わせます。
たしかにネコのような跳躍で、踊り手が空中にあるときの姿が大切なのですが、だからと言ってドスンと床に下りてもいいということはありません。

バレエではドスンと下りないことがとても重要なのです。




ハガキサイズ      ペン+水彩     2007.夏

カエルのバレエ 3

カエルのバレエ 13





昨日に続いてアフリカガエルの決めポーズです。
少しドレスアップしてのいでたちで緊張気味なの。

【アントルシャ】という動きです。
空中へ力強く跳び上がるもので、ふくらはぎをすばやく打ちつけて、床に降りる時に右足を左足の前に置かなければならないということだそう。

ちなみに打ち付ける回数は多ければ多いほどいいのは当然ですね。



ハガキサイズ      ペン+水彩    2007.夏

カエルのバレエ 2

カエルのバレエ 11


前回描いた 【カエルのバレエ】http://boumama.blog95.fc2.com/blog-entry-175.htmlから少し時間が経ってしまいましたが又々アフリカガエルのバレエの決めポーズです。

このポーズは「グラン・ジュッテ」といい、バレエの動きの中で、最もはなばなしいもののひとつです。
高く跳び上がり足も広く開いてる決めポーズです。

お腹の出具合と結構タイツの縞模様の太さが難しくこれらに気をつけて描いたつもりですが・・・。

暫らくこのシリーズ続きますがよろしくお付き合いくださいませ。



ハガキサイズ      ペン+水彩           2007.夏
プロフィール

boumama

Author:boumama
いままで描いた水彩画など紹介しています。
ゆっくりご覧ください。

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。